健康省エネ住宅を推進する国民会議 上原理事が語る、国民会議が目指すもの

北海道シンポジウムで語った、

「上原氏が語る、国民会議が出来た経緯と目指すもの」
(著作権の関係で、一部音声が消えています。)

uehara

国民会議 上原理事が語る!国民会議の設立経緯と目指すもの!

公開中!

9月9日(水)スマートウェルネスシンポジウム開催のご案内

本年も、スマートウエルネス住宅等推進事業の一環として、シンポジウムを開催致します。
今年のテーマは、
『関西型の健康的で省エネな住宅リフォームの検討と推進について』
と、題して行います。

【趣旨】
大阪府において、2000年にシックハウスを考える会(現健康・省エネ住宅を推進する国民会議)が大阪府医師会の協力のもとに行った疫学調査が国を動かし、シックハウス対策に関する建築基準法の立案にまで至りました。そして昨年度、新たに全国の医学・建築の専門家がタッグを組んで、「スマートウエルネス住宅等推進事業」による疫学調査が開始されました。この疫学調査では、住宅の温度環境を改善することが、どれだけ健康に寄与するのかを調べられています。弊会は今回の疫学調査の意義や目的を広く啓発するための中心的役割を担っています。

今回のシンポジウムでは、この活動において集まった産官学のメンバーが中心となって、関西の地域に根づいたリフォームのあり方を検討・推進する委員会を発足すると共にその内容を広く関西の医学、看護、介護、建築の専門家および消費者団体、行政関係者、関西の府県民に知っていただくことが目的で、関西に適したリフォーム手法や住まい方について一定の目標を定め、推進することで関西における住民の健康長寿や若年者の健康維持につながる可能性について、議論致します。

【主催】 (一社)健康・エネ住宅を推進する国民会議
【後援】
大阪府
ATCエコプラザ、
おおさか健康省エネ住宅推進協議会、関西学研都市健康省エネ住宅推進協議会
大阪の住まい活性化フォーラム

【日時】2015年9月9日(水) 14:00~17:30
【場所】
CIVI研修センター 新大阪東 E5ホール
  大阪市東淀川区東中島1丁目19番4号 新大阪NLCビル

【内容】
1 開会挨拶
一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議
大阪弁護士会 元副会長 関根幹雄

2 趣旨説明
一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議
理事長 上原裕之
3 基調講演
山口県立大学 理事長
江里 健輔 教授
「屋内の冬の寒さと健康リスクに関する調査とその啓発の重要性について」

4・来賓挨拶
北川知克衆議院議員(予定)
左藤章衆議院議員(予定)
太田 房江参議院議員
竹内 広行大阪府副知事

5・パネルディスカッション
関西を「健康省エネ住宅」による健康長寿・地域活性化先進都市に!

【パネラー】
岩前 篤 近畿大学 建築学部長
江里健輔 山口県立大学 理事長
鬼武一夫 日本生協組合連合会
三崎信顕 大阪府住宅まちづくり部都市居住課課長
三輪五月 看護師・主任介護支援専門員、元介護士

司会 おおさか健康・省エネ住宅推進協議会
事務局長 佐藤善秀

6・SWH調査・改修事例報告
【プレゼンター】
株式会社イズ 名越社長
株式会社創造工舎 阪本社長

7・閉会の挨拶
一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議
日本主婦連合会 東瀬幸枝 会長

 

お申し込みはこちら